ヘーベルハウスで過ごす、子どもと一緒のどたばたな日々の子育てブログです
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< パレード、というと | main | ちびくろさんぼと質問大魔王・・・ >>
「ナーシングカバー」というもの
ナーシングカバー

おでかけ機会が増えて、困っている(というほどでもないけど)のが「授乳」。なんせ完全母乳なので…。Leonのときは、一人目だったし、彼のペースで動けばよかったのだけれど、solaはそうもいかない。Leonのペースに合わせると、時と場所を選ばず授乳せざるを得ない状況もあったりするし、何よりまだまだ授乳室というのが少ない世の中です。

で、「授乳服」というのも考えたのですが、服は長袖だったり半袖だったり、一枚あれば、というわけにいかないので却下。次に見つけたのが「授乳スカーフ」普段はスカーフみたいに巻いて、いざというときはポンチョみたいに被るというもの。でも普段着はスカーフが似合わない格好だし、スカーフが間に入るとsolaの顔が見えないのもなんだか嫌な感じがして、やはり却下。

千趣会で授乳用ケープというのも見つけたんですが、わたしのハートにはビビッ(激爆)とはこなかった…。

そんなとき、「ナーシングカバー」というものがあることを発見。上部にワイヤーが入っていて、上から子どもを覗き込めるというのが実にヨイ。外国製だけに柄もポップだったりで素敵。で、オークションを覗いてみましたが、手作り品がちょこちょこあるくらいでまだまだメジャーではないらしい、なら、買っちゃえ!と買ってしまいました(笑)。

これならどこでもO.K.です。一度スリングの中で、タオルも使って授乳したことがあるんですが、でかいsolaはもう「スッポリ入る」サイズではないので、余り効果的にできなかった…これなら普段着のままで、どこででも授乳できそうです。柄も可愛いし。

*****
夫が自分のBLOGで「妻と長男の関係が悪く」と書いてあるのを見て、思わず笑ってしまいました(笑)。なんか、「思春期の息子が荒れる(または引きこもる)」図が浮かんでしまって(笑)。なんとか仲良くやってますよ。大丈夫ですよ(笑)。

今朝は、朝食のあと、プレイマットでひとり楽しげに遊んでいるsolaに、ぶらさがっているサルの人形を持ちながら「おサルさんですよ〜。バナナが好きで、木登りするんだよ〜」なんて言って遊んであげているLeonを見て、噴出してしまいました(笑)。荒れたり、楽しかったり、笑ったり泣いたり、色々ありますよ、毎日。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://yo-music.jugem.jp/trackback/155
TRACKBACK
今回は従姉妹の出産祝い用に購入。自分でも持っていて、ヘビロテしました!ただ、この素材は何回か洗濯する内に毛玉が出来ちゃいます。なので、違う素材でこのデザインのものを作ってほしいです!とっても着やすく春までよく着ていました。授乳服はとても便利です。ただ
http://miri144.blog3.petitmall.jp/ | 授乳服への思い | 2007/07/21 12:47 PM