ヘーベルハウスで過ごす、子どもと一緒のどたばたな日々の子育てブログです
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ごんぱち
職場のパートさんに声をかけられた。

「ねえねえ、midoriさん、イグアナ飼わない?」

へ?イグアナ?
なんで彼女はわたしが「イグアナ好き(=は虫類・両生類好き)」って知ってるんだろう?(爆)。

彼女のご長男が欲しくて買ってきたのだが、すでに飽きてしまい、ご長男本人が広島に単身赴任されているので、渋々面倒を見ている、ということ。

で、「誰かもらってくれないかしら〜、ごんぱち。」

名前が「ごんぱち」だそうだ(カタカナかひらがなか漢字かは聞いてないです)。

食事はイグアナフードか、バナナか野菜かはっぱ。2〜3日食べなくてもOK。
暑いのが好きなので、今はベランダだけど、冬場は室内。ケージの中の木の枝につかまってじーっとしているのが好き。腕や足がだら〜んとすると寝ている印。

我が家のキーパーソンはばあちゃんなんで、多分難色示すと思うが、夫とLeonは喜びそうなのでとりあえず家族会議にかけてみた(というか、個別に相談してみた)。

案の定Leonは喜び、「ごんぱち、見たいな〜。」と。
夫には寝起きの第一声で話したら大受けしていた。

ばあちゃんは・・・「気持ち悪い」

そうだよな〜。それが一般的な反応だよな。

わたし的には、まず、ごんぱちを見てみたいというところかな(笑)。

パートさんには「飼うのは難しいけど、ショートステイなら」と言ってみた(爆)。

もしかすると、週末だけ、とか一晩、とかの単位で、我が家にやってくるかもしれません(激爆)。

何より、solaがどんな反応するかな〜。見てみたいな〜。

そんな我が家、9月に今うわさの「旭山動物園」に行くことにしました。楽しみ〜。

人工尾びれをつけたイルカの物語
もういちど宙(そら)へ―沖縄美ら海水族館人工尾びれをつけたイルカ フジの物語
もういちど宙(そら)へ―沖縄美ら海水族館人工尾びれをつけたイルカ フジの物語
岩貞 るみこ

かなりの反響を呼んでいるようですね。
テレビのドキュメンタリーも見ました。
実は、全く登場しないんですが、このイルカの人工尾ビレを実際に制作した会社(工業製品試作製造会社)は、自分の会社のクライアントさんで、かなり苦労した話をリアルタイムで聞いていました。
言ってみればブリジストンの下請的扱いなんですが、登場させて欲しかったですね。

泳げるようになったということは感動的ですが、果たして芸をさせることはどうなんでしょうか?
多少の疑問は持ちますが、その辺り、この本を読むと解決出来るのかも知れません。
機会があったら読んでみたいと思います。
よく遊びにくるかっこいいトカゲ
トカゲ

うちのバルコニーに良く遊びにくるトカゲ君です。
お年寄りトカゲもたまに来てましたが、最近はこの若者トカゲ君しか見かけないです。