ヘーベルハウスで過ごす、子どもと一緒のどたばたな日々の子育てブログです
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

浅野ブッチャー祥之氏
J&B
J&B
J&B

去年の6月、わたしの大好きなベーシスト、青木智仁氏が逝ってしまった。
最近は子育てに追われ、なかなかLIVEに行けなくていて、でも、こんなことがあるから、できるだけ行っておきたいな、と思っていた。

けどやっぱり行けなくていた。

4月20日。旅先でmixiを携帯でチェックしていたら、角松敏生のコミュで見つけた、浅野ブッチャー祥之氏の逝去のニュース。

角松だけでなく、SING LIKE TALKINGのツアーにも参加していたし、その後、塩谷哲(P)との「SALT BAND」での彼が非常に好きでした。もちろん、梶原順(G)との最近の「J&B」も。

ずっと闘病されていたようですが、48歳とは。確か下の息子さんはまだ小学校の低学年くらいだった気がする・・・。結婚する前によく一緒にLIVEに行っていた仲間(夫含む)の中の、一組の夫婦の住まいが浅野さんのおうちと近くて、よく休日に家族ででかけているところに遭遇したと行っていたな。小淵沢の野外ジャズフェスに行ったときに、気さくに話してくれて、写真に一緒におさまってくれたときの、おもしろく、サービス精神旺盛な彼が印象に残っているし、その1ヶ月後くらいに、ブルーノート東京のLIVEにその写真を持って行ったときの様子も忘れられない。

今頃青木さんとセッションしているのでしょうね。美味しいお酒を飲みながら。

青木さんのベースと、浅野さんのギター、Leonに生で聴かせたかったな。悔しいな。
合掌。
SALT氏、ブログオープン
グイードの手(Hands of GUIDO)
グイードの手(Hands of GUIDO)
塩谷哲, 坂田学, 大儀見元, 平石カツミ, 田中義人, 今出宏°

わが崇敬するミュージシャン、塩谷哲氏が、ブログを開設したということで、拝見しに行ってきました。
その名も「先に言っとく、まめに更新しないぞでもたまには来てね日記」(爆)

出産・育児で、なかなかLIVE通いができずに、音楽から遠ざかる日々ですが、今年の目標に少しでも近づくべく、ちょっとは情報収集や音楽を楽しむ時間を増やそうと思います。

気づくと最近、太鼓を叩いて遊んでいるsolaです。
太鼓
パレード、というと
PARADE (初回限定盤)(DVD付)
PARADE (初回限定盤)(DVD付)

♪ごらん、パレードがいくよ〜♪の方をつい口ずさんでしまいますが。

スガシカオ新譜がAmazonから届きました。これから聴きます。先日「笑っていいとも!」に出てましたね(笑)。ああ、シカオちゃんのLIVEも行きたいなあ。。。

今回のCDはドラマーがすごいLINE UPです。沼澤さんはもとより、山木さん、そして屋敷豪太!さすが、シカオちゃん。

ついつい、ドラマーに目(耳?)がいっちゃうんですね、我が夫婦は(爆)。

*****
と、現実逃避してますが(爆)、今週に入ってから、Leonと険悪な関係(激爆)なので、毎日一触即発状態で、非常に疲れております。solaちゃん産まれて2ヵ月半で、ちょっとお疲れモードなんですね、多分。わたしもLeonも、我慢ができない状態(爆)。ぐっとこらえて「待つ」ことができれば喧嘩にならないんでしょうけど、ちょっと疲れていて(気持ちも体も)その「待つ」ができない状態。ほんと、虐待寸前です(苦笑)。やばいです。できればちょっと距離を置いたほうがよさそう、ということで、ここのところ、Leonはばあちゃんが対処してくれています(涙)。産後うつ、みたいなもんですね。楽しいことを考えて、少しゆったり過ごして、心穏やかになれるよう、修行します(笑)。
心地よい音
シング・ア・ロング・アンド・ララバイズ・フォー・ザ・フィルム:キュリアス・ジョージ
シング・ア・ロング・アンド・ララバイズ・フォー・ザ・フィルム:キュリアス・ジョージ

ちょっと遅いですが(苦笑)。J-waveでヘビーローテーションだった頃から気にはなっていたジャック・ジョンソン。夫がいつの間にか買っていました借りてきました

テンポが、solaをあやしたり寝かせたりするときにちょうどよいです。気持ちよいギター。なかなかいいです。

訃報
EXPERIENCE
EXPERIENCE

角松バンドのベーシストでもあった、青木智仁氏が、6/12(ご本人のお誕生日…)に亡くなられたと、昨日の朝、夫から聞いたときには、信じられませんでした。昨日は一日、ネットで真偽を確かめようと検索しまくっていましたが、午後になって、日経のサイトなどで確認。今朝の朝日新聞のおくやみ欄でも確認し、改めて事実を突きつけられています。

わたしにとって、多分「ベース」「ベーシスト」というのを初めて意識したミュージシャンです。角松氏のLIVEで、その存在感を見せ付けられました。

その後、崇敬するピアニスト、塩谷哲氏や、わたしたち夫婦が出会うきっかけとなったドラマー、沼澤尚氏らとのユニット「Four of a Kind」の結成は、わたしにとっては夢のような出来事でした。

フォー・オブ・ア・カインド
フォー・オブ・ア・カインド

FOAKの、ブルーノート東京でのLIVEには、妊娠5か月で駆けつけ、サインと共に、お腹をなでて安産祈願をしていただいたのを思い出します…。

6/24には、角松氏の25周年LIVE@横浜アリーナ(もちろん、予定日翌日なので、行くことはできませんでした…)を控え、生では見られなくても、後日多分発売されるだろうDVDで、そのベースを「当然のように」聴けることを楽しみにしていたのに…、本番まであと10日、彼の代役なんて探せるんだろうか…。角松氏や周りの皆さんの落胆ぶりが目に浮かびます。

49歳、早すぎます。もう二度と彼のベースが聴けないなんて…。謹んでご冥福をお祈りいたします。合掌。
秋に聴きたい
ポシビリティーズ
ポシビリティーズ
ハービー・ハンコック, ジョン・メイヤー, サンタナ&アンジェリーク・キジョー, クリスティーナ・アギレラ, ポール・サイモン, アニー・レノックス, スティング

J-waveでさわりを聴いて、これは!と思い、夫をそそのかして購入。

今日は洗濯日和のいい天気でしたが、これを聴きながらの洗濯干しは気持ちよかったですよ。この秋のおすすめです。

******

さて、昨日Leonを連れて近所の眼科に行って参りました。
結果はやはり「軽度の近視」だそうです。子どもの場合、「遠視」と「強度の近視」の場合は矯正(眼鏡とか)が必要だったりするそうですが、「軽度の近視」のLeonの場合は「放っておいていい」(笑)。まあ、確かに日常生活に今のところ支障ないですしね。「乱視」がないので心配ないでしょう、と。

帰って報告を受けたばあちゃんはなんだか不服そうでしたが、夫とは「大きな病気と言われることに比べたらなんでもない」「矯正(眼鏡やコンタクト)すれば支障ないし」と、話しています。多分将来視力が悪くなるだろうと、なんとなく予感していたこともあるし、それが確定したということなだけで、今から心構えができてよいかな、と。

夫も小学校6年から、わたしも小学校4年の後半から眼鏡使用経験者、という両親のもとに生まれてしまったLeonくんですから、仕方ないということで(爆)、許してね、Leonくん。まあ、今は眼鏡もファッションでかっこいいかもよ、ミュージシャンぽくって(笑)。