ヘーベルハウスで過ごす、子どもと一緒のどたばたな日々の子育てブログです
<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

プーケット・バンコク旅行
2013/7/30〜8/4まで、タイに行ってきました。
お正月に行く予定でしたが、娘ちゃん、発熱によりキャンセルとなってしまい、リベンジすることに。

初日は夕方にバンコク乗り継ぎでプーケットに到着。
機内食攻撃であまり空腹ではなかったので、とりあえずセブンイレブンに行って、カップ麺&カップ粥という、寂しい夕食(笑)

翌日は、コーラル島&エレファントトレッキング、というツアーを、日本で予約しておいたので、まずは海を堪能しました。
コーラル島
ちょっと波は高かったけれど、きれいな海で目いっぱい遊びました。
コーラル島
プーケットに戻る直前に激しいスコール!!
何とか治まるのを待って、急いで島を離れ次の目的のエレファントトレッキングへ。

雨上がりの森?の中をのんびり散歩する30分のコースで、さらに夕方でお疲れなのか、輪をかけてのんびりと歩く象さんでした。
エレファントトレッキング

そして、これで終わり、と思っていたのですが、前日、空港にお迎えに来てくれた現地の係員さんにおすすめされ、「プーケット・ファンタシー」という、ショーを見に行くことに。
プーケットファンタシー

最初にバイキング形式の食事をし、その後専用シアターへ移動。
これが大きい。
大きいのには理由があって、雨は降らすわ、火花は散るわ、天井で空中ブランコはやるわ、しまいには象が15〜16頭、様々な芸をする‼
内容はタイの歴史や芸能・生活を織り交ぜたストーリーのようで、1時間半ほど、言葉はわからないけれど十分楽しめました。

まあ、また見に行くかと言われれば、一度見れば十分かなと(笑)

そんなわけで、やや忙しい感はありましたが、楽しい一日になりました。


なので、翌日はのんびりデー。
ホテルのプールを堪能。
ノボテル・ヴィンテージパーク
時々スコールがきても、気にしない子ども達。

午後も入った娘ちゃん(&夫)。息子くんは、ビーチサイドで読書してました。おっさんか。

その後は、近くのショッピングセンターまで。
スーパーを眺めたり、娘ちゃんご所望の水着を探したりと歩き回り、夕食を食べて、プーケット最後の夜は終わりました。


そして、翌朝バンコクへ移動。

わたしは15年ぶりのバンコク。当時はモノレールも地下鉄もなくて、1泊2日だったので(シンガポールを拠点に1泊だけ泊りに来た)ただただ道路の渋滞がすごかったことだけ印象に残っていましたが、いやあ、きれいになった。びっくり。

で、とりあえず、モノレール(BTS)に。
BTC
チケットを買うのが面倒(紙幣が使えない券売機がほとんど)だったけど、車両は最新型。きれいで速い。

乗り換えて、乗り継いで、次は水上バス(船)。
ボート

で、着いた先は・・・

涅槃像
涅槃像

ワット・ポーです。
15年ぶりの涅槃像。
わたしの好きな場所。これに会いたかった!!
家族で来れてよかったです。
子ども達も喜んでいました(笑)

そして、また同じように水上バス→モノレールと乗り継いで、ホテルのある駅まで戻りました。
駅の反対側にショッピングセンターがあって、そこで夕食を、と考えていると、子供たちが「タイ料理飽きた‼」目の前には「すき焼き‼」というわけで、なぜかバンコクですき焼き。
すきやき

国産豚、の産地は日本なのか?タイなのか?悩みつつ、白菜たっぷり食べました(笑)


そして、最終日。早朝にチェックアウトし、荷物をホテルに預け、これまた日本で予約したツアーの集合地に。

向かった先は。

メークロン駅
バンコクから車で1時間ほどの郊外にある「メークロン」という駅。

ここで見たかったもの。
線路市場
市場です。
ただの市場ではないのです。
子ども達やお客さんが歩いているのは、線路の上。
お店は線路の両脇に並んでいます。

この線路、日に3本、電車が行き来します。

電車が近づくとチャイムでお知らせ。すると
線路市場
あっという間に屋根のシートが畳まれ、棚も下げられます。(若干物が残っていますが)
そして
線路市場
この距離‼

「世界の車窓から」などでもおなじみの線路市場‼

普通バンコクからの日帰りツアーは、アユタヤとか、水上マーケットを選択すると思うんですが、しかも家族旅行でこれをチョイスしないでしょう普通、とか言われつつ、やっぱりこれが見たかった(笑)。

そして、駅に電車が入ってくると、30分後に折り返し出発します。
この電車に乗ることができました。
しかも、ガイドさんの素晴らしい仕切りのおかげで、最後尾のシートを確保し、最後車両の車掌席で夫はビデオを回すことができました(笑)。パンダツアー、さすがです。

わたしは、窓越しに、市場をカメラに収めました
線路市場
近いっ‼

いやあ、楽しかった。
子ども達がすごく喜んでいたのがちょっと意外でしたが(笑)。
本当に、行ってよかったです。おすすめです(笑)。

そして、お昼すぎにバンコクに戻り、あとはだらだらと、ショッピングセンターで時間つぶし(笑)

最後は空港でお土産を買い、帰途につきました。



今回のホテル。
ノボテル・ヴィンテージパーク
プーケット:ノボテル・プーケット・ヴィンテージパーク
別のホテルを改装してオープンしたばかりのきれいなホテルでした。

シェラトン・グランデ・スク―ビット
バンコク:シェラトン・グランデ・スクンビット
BTS(モノレール)のアソーク駅直結。ワット・ポーからの帰りのスコールタイムにも全く濡れずに帰れたという素晴らしい立地。お部屋も大きくて素敵でした。何泊かしたかったなあ。


というわけで、久々のブログ更新でした。
(途中に写真を挿入できるので、こっちにしてみました)

あ〜、夏休み、終わっちゃったなあ。。。


卒園式~感謝の気持ち〜
 3月23日に、娘ちゃん、5年8か月の保育園生活を終え、卒園式を迎えました。
大きな病気もせず、すくすくと(本当にすくすくと…汗)育ってくれて、安堵しています。
卒園式ウィークに入ってからは、練習のたびに涙を流していたようですが、本番になると、さらに、担任のモリモリ先生もびっくりするほど、しゃくりあげて泣いた娘ちゃんでした。

わたしも無事、保護者代表挨拶の大役を果たすことができました。
今回の卒園児保護者の中で一番姉さんだったしね(爆)。
息子から数えて8年間、心からお礼を言いたかったというのもあり、引き受けました。

これが一番緊張した!!
前々日に仕事で300人入るホールで1時間ほどステージ上で話をした仕事より何倍も緊張した。

保育園への感謝の気持ちは伝わったのではないかと、思っています。。。

謝恩会も、ママたちの心遣いや細やかな動きで、和やかに終了。
ハル母が作ってくれたスライドショーが本当に感動的で。。。
モリモリ先生はずっと泣いていました。

子ども達一人ひとりをきめ細やかに見守り寄り添い、母たちをサポートしてくれた保育園が、今のまま、ずっと変わらず、そこにあり続けてほしいと、心の底から思いました。

そして、本当に仲のよい保護者のチームワークの良さも、このまま続いてほしいなあ。

チームワークの維持は結構努力が必要です。
自分なりに、頑張ってきたつもりです。
継承されるといいなあと思います。。。

二次会⇒三次会と、先生方も交えてお酒をかわしている中、息子くんの担任を長くやってくれたアカネ先生が「今年の卒園児のパパ・ママたちとは、本当に長いお付き合いだったので、まだ、いなくなっちゃうのが信じられないんですよ。」確かに4人の兄(小4〜6年)チームは、それぞれどの家庭も個性的(笑)で元気に盛り上げてきたメンバーなので・・・兄たちがそれぞれインパクトのある(笑)園児だったこともあり、本当にそうかもしれないなあ。

モリモリ先生の、二次会でも三次会でも、時折見せる寂しそうな顔が忘れられないです。

それだけ、先生と保護者が深く結びつき、信頼しあっていた保育園だったということで、そんなところで8年も子育てができたことが本当に幸せに思います。

我が家にとっても息子が生まれてから10年半になりますが、9年半(そのうち今の保育園が8年)は保育園があることが当たり前の生活だったので、保育園に行かない生活、というのが違和感で、どうしたらいいんだろう、と思ってしまうくらいです。

それでも、子供たちは、涙を拭いて、前を向いて、ちゃんと進んでいく。
親が思う以上のプレッシャーに立ち向かっていく。
そして、ちゃんと順応していく。

親も頑張らないと。

というわけで、長文になってしまいましたが、さらに長文になってしまうのですが、昨日の保育園で読んだ謝辞の全文を載せておきたいと思います。

あえて掲載することで、改めて感謝の意を表したいので。。。
本当に、保育園の先生方、ありがとうございました。

-----------------------------

謝 辞

 

卒園児の保護者を代表いたしまして、一言ご挨拶申し上げます。
 本日は、私達の子ども達のために、盛大な卒園式を開いていただき、ありがとうございます。

 私達の娘は、1歳でふたば保育園に入園しました。四歳上の兄の送迎で毎日通っていたとはいえ、いざ親と離れて生活を送るとなると、不安や寂しさで、毎朝泣いていました。

 

 ようやく慣れるまでに半年ほどかかり、その後も、行事のたびに、泣いたり、親の姿を探したり、大勢の集まる場所で固まってしまったり、他のお友達は楽しそうに歌ったり遊べているのに、と悩むことも多くありました。

  そんな娘も先生方が寄り添い支えてくださり、きみどり組になる頃には、運動会でも、おさとり会でも、上手にお遊戯や表現を、たくさんのお客さんの前でしっかり見せてくれるようになりました。家の中では一番小さい娘も、いつの間にか、本当に優しく頼りになるお姉さんになりました。

 今年の卒園児は、あか組からの四年間はメンバーが変わることなく、きょうだいのように毎日一緒に過ごしてきました。時々けんかをしても、お互いを理解し合い、先生方に見守られながら仲良く過ごしてきました。

 私達保護者もまた、ふたばの先生方に毎日を支えられて、今日のこの日を迎えることができました。朝泣かれても、信頼する先生方にお任せして、安心して職場へ向かうことができました。

 保護者同士が助け合い、先生方と保護者が信頼の気持ちで向き合い、一緒に子供を見守っていこうという思いが、このふたばには根付いているように思います。大人が信頼して向き合う姿を見て育った子供たちは、仲間を信じ、誰かのために頑張る「明るく、正しく、仲良く」を実践できる人に、きっと育ってくれると思います。

 小さくてか弱い赤ちゃんで入園した子供たちも、すっかり頼もしい六歳に成長しました。この先小学校で、様々な困難にぶつかることもあると思いますが、先生方に教えていただいたことを胸に、乗り越えてくれると信じています。私達保護者も、子供たちに寄り添い、支えていきたいと思います。卒園した後も、子供たちを遠くから見守ってくだされば嬉しく思います。

 言い尽くせない思いがたくさんありますが、園長先生始め先生方のご健康・ご多幸と、ふたば保育園の益々のご発展を祈念し、お礼のご挨拶とさせていただきます。


   平成25年3月23日

           卒園児保護者代表

                      吉田みどり

-----------------------------

3月
多分今までで一番忙しい3月になるのは、間違いない…。 卒園式まで、あと20日。 我が家が8年お世話になった保育園ともお別れ。ばあちゃんまでが悲しんでいるくらい、みんなが大好きだった保育園。 卒園式準備、謝恩会準備、入学準備…。 残業やら出張やらの合間に、謝恩会の準備しながら、卒園旅行でTDLに行っちゃおうって言うんだから、どんだけタフなのか(笑)しかもクラスみんなで(((^_^;) そして今日は、久しぶりに子ども部屋を大掃除&模様替え。 入学控えた娘ちゃんの、大量のおもちゃを処分し、小学生兄妹の部屋らしくするために、朝から作業。 この部屋が、5時間後に。 子ども達も一緒に頑張ってくれました。 いつもリビングで宿題をやっている息子も、珍しく机で宿題をやっていました(笑) 多分2年後の、息子くん中学入学の時には部屋をいよいよ分割するんだろうな。 ってか、2年後に中学生って?信じられない(笑) で、模様替えが終わったら、娘ちゃんの入学グッズを揃えに買い物。 娘ちゃんが1年生とは。 下の子は、いつまでも赤ちゃんな気がするけど、いつの間にか、ちゃんと、しっかり者の姉さんになっていました。 そんな娘ちゃんを囲んで、今日は雛祭り。 いつまでも可愛い娘ちゃんでいてね。 さて、今週は、月・火と夜会議で、木曜は娘ちゃんの弁当作ってから長崎に1泊出張行ってきます〜(>_<)
7か月ぶり

BLOGを更新するのは7か月ぶりです。
BLOGを始めてから、こんなに放置したことはないです(苦笑)

Twitterとか、mixiとか、Facebookとか、はたまた、最近手を出してしまったLINEなどを、こまめに更新しているせいで、そちらをフォローしてくださっている方は、わたしの行動は手に取るように把握できていると思います(笑)

スマホに変えてから、BLOGの設定を引き継げなかった(笑)というのと、スマホのキーボード操作がやたら面倒だったことが要因なんですが。

それと、多分BLOG書き出すと、愚痴やらグチやらぐちやら止まらなくなりそうな勢いだったので、あえて、長文はやめていたというのも理由のひとつ。


4月に部署を異動して、新たな分野の業務に取り組んで、日々勉強。
自己肯定感がかなり低い(なんでできないの!なんでわからないの!というような自分を責める)状況が続き、力不足を痛感しつつも、新たな出会いや刺激にも、正直満ち溢れる日々です。

まあ、そんなわけで、あと1年ほどで、現在のプロジェクトについては、一定の結論と成果を出さねばならないので、頑張ります。

ただね、来月、三連休明けの火〜金、4日連続夜会議になった時には、凹みました・・・。


唯一の救いは、子ども達が本当に元気に過ごしてくれていること。
これだけは、本当に感謝です。

母ちゃんがんばります。


というわけで、BLOGの更新はまたしばらく、間が空くと思いますので(笑)、よかったら、TwitterかmixiかFacebookか、はたまたLINE(これはリアル友人に限られますな)をフォローしてくださいませ。

☆Twitter     
   【midolesola】  https://twitter.com/midolesola
☆Facebook
   midori.yoshida.50@facebook.com
☆mixi
   mido*le*sola

GW

人事異動後1か月をようやく乗り切りました。
1か月の間に、歓送迎会3回、親睦会1回、夜の会議4回、日曜出勤1回(午後〜夜)。
ショートステイから帰ってきたじいさんがいる中、ばあちゃんにかなり負荷をかけてしまいました。

夜の会議は多分これからも月2〜3回はありそうなので、仕方ない。
しかし、3日連続夜の会議のときは、正直、ばてました。

3月までの経緯がわかっていない中で、いろいろと動かなければならない状況なのも、結構ストレスでした。

救いはチームワークくらいで。
メンバー8人、割に一致団結な感じでやれています。
若いというのもあるかも知れないな。少なくとも我が社では、ダントツ一位で若いセクションだと思う。
わたしが最年長だから(苦笑)。

そんなわけで、GWも気が付けば明日で終わり。

4/28(土) レイソルvs鳥栖 @日立台
スタジアム改修工事に合わせて新設された市民ゲートの寄付を、子どもたちの名前でしたので、そのお礼という形で、子どもたちそれぞれに招待券が届き、大人の分を購入して家族みんなで行ってまいりました。

今まで指定席エリアでしか観戦したことなかったのですが、今回は、ホームゴール裏自由席、通称「柏熱地帯」!しかも新設された2階席。hitachidai
日立台へ行く前に、サッカーショップKAMOにてユニフォームやらTシャツを買い揃え(笑)、全員黄色になって参戦しました。

試合結果は1-1で引き分けでしたが、応援の雰囲気はとても良かった!楽しかった!
reysol
やっぱり生はいいなあ。
また行こう!と子どもたちと誓ったのでした。

帰りには、柏で話題のかき氷屋さん、「三日月氷菓店」に立ち寄り、40分ほど並び(爆)、みんなで美味しいかき氷を食べて、帰りました。

柏、堪能(笑)


4/29(日) ドッヂボール大会@こども天国
翌日曜日は、例年のごとく、利根川河川敷の緑地公園でのイベント。
毎年ここで、小学4〜6年生対象のドッヂボール大会が実施されているのは知っていた。
今年4年生になったLeonさん。
出場しました。同じ学年の友達計15人で。

9時45分からだというのに、8時に集合して朝練。
勝ち進んだら、というわけで、弁当持参。

ドッヂボール
しかし、くじ運がいいのか悪いのか。
1回戦は不戦勝なものの、2回戦で当たったのは、同じ学校の6年生チーム。

そりゃもう、当然。
ぼこぼこにされました(笑)

全滅にならず、7分+7分、なんとか戦い切ったのが唯一の救い(笑)。

その6年生チームは見事準優勝でした。

懇談会のときに、カワグチ先生が言ってました。
「4年生は、負けるんですよ(笑)。6年生に負けちゃうんですよ。当たり前ですけど。それがいいんです。よし、次は勝つぞってなるんですよ」

炎天下でしたが、友達と一緒に弁当食べて、走り回って、とっても楽しかったみたいです。

その試合に付き合わされたsolaさん、ゴーバスターズショー見たり、トランポリンやったり、ボーイスカウトさんたちのモンキーブリッジに挑戦したり、試合見たり、時々保育園のお友達と絡みながら、遊び倒していましたが。

土手から帰宅後、まずわたしがダウンし、翌日solaさんダウン。
特にsolaさんは夜に38度台まで発熱。
軽く熱中症みたいな感じだったようです。。。とほほ。

翌日、そして翌々日(小学校創立記念日)は、みんなで家でおとなしくしておりました。


そして。
5/4〜5、と、夫・Leon・solaの3人で、夫の実家へお泊りに行っております。
わたしは一人気楽に両日を過ごしております(笑)。
とは言え、今日5日(土)は、久々のよい天気、ということで、ブーツをしまったり、毛布を洗ったり、2階シャワールームを掃除したり、たまっていた写真をプリントに出したり、といろいろたまっていた家事をバタバタとやっております。

solaさんは、初めてわたしと離れてのお泊りです(笑)。
去年、福井出張の時に、初めて一晩わたしと離れたというくらいで。
Leonさんは、初お泊りが2歳で、その後も結構夫の実家へは単独お泊りもしていたのですが、solaさんはそういう機会を逸しておりました。
でも7月にはお泊り保育もあるし。
今回は本人も意を決して、お泊りです(笑)。
とはいえ、夫とLeonは一緒なんだけど(苦笑)。

おかげでわたしは、少しのんびりリフレッシュできました。

あさってからはまたバタバタの仕事の日々だなあ。


人事異動
仕事を始めて22年で、初めて人事異動の内示が出されました。
青天の霹靂。

職場の引っ越しは2度経験したけど、部署を異動するのは初めて(他の部署にわたしの職種の定数がなかったため)なので、不安で仕方がありません。
しかも、創設3年目になるその部署に、初めて配属される専門職。そのうえ新米管理職として、厚労省から出向してくる室長を補佐する立場になるという、あまりの恐れ多い状況に、気持ちは沈むばかりです。

幸い、今現在わたしの担当にいる後輩保健師も一緒に異動で、行き先には知った顔もいて、別の部署から異動してくるメンバーの中にも、旧知の後輩(事務職の男子)がいるので、それだけが安心材料。

内示の結果をわたしに伝える課長の(お世辞でもありがたい)がっかりした顔。
結果を伝えた時の、担当の後輩たちの驚きと悲しみの反応。

新年度の手帳には、すでに、新年度の年間事業予定を書き込んでいたのに。

新年度から現場で履こうと、新しいシューズも買ったところだったのに。



とにかく、あと1週間後で仕事を片付け、机を片付け(これが難題)、心を整理して、4月2日には新しい部署へ配属になるのでした。

土日も夜も、会議とか多いんだよな。。。
研修や資格取得も命題だろうな。。。

ああ、PTAの役員、今年やっといてよかった。

こどもたちにも、さらに負担かけるのかな。。。

金曜の夕方は、泣きたくて泣けなかったので、今日(というか昨日?土曜日)は、保育園の卒園式に見学に行ってみた(爆)。solaさんにお役目があったので、ビデオ撮影の建前で。しっかりもらい泣きしてきた(苦笑)。

どんな1年になるか全くわからないけど、どこかでいつか覚悟を決めないと。

配属先で取り組むプロジェクトはとりあえず、2014年1月という最初のゴールがあり、そこに向かってまずは突き進んでいるので、少なくとも2年は帰れないだろう。

わたしにできることは、そんなにないけれど、これまでつながってきた人々と、向き合って、さらにつなげていけば、その人たちのつながりの力で、何かが進むかもしれない。かな。

しかし、憂鬱。

どこにも吐き出すところがない土日なので、ブログに吐いてしまいました。
グダグダな内容を読んでくださってありがとうございます。


ちなみに、4月からの配属先の仕事はこんな感じ。
バレンタインデー
NEC_0884.jpg
か○○ちゃんが、Leonさんにくれたチョコレート達。

義理チョコでも友チョコでもないんだって。


きゃー(。≧∇≦。)

母さん、静かに興奮(笑)

冷静に、息子のどこがよかったんだろうか、と考える…。

どこが…。

どこ?

(笑)
インフルエンザ週間な我が家。。。

2月4日(土)
保育園から学級閉鎖のメールが届く。しかも全学年(爆)。
一週間の保育の算段を考える。
ばあちゃんが、「罹患しなければ見てあげる」と天の声。感謝。

2月7日(火)
学校で「チャレンジ集会」クラス対抗大縄跳び大会。雨の場合は体育館、というLeonの話に一抹の不安がよぎる母。学校はインフル流行中。3年1組は、かわるがわる休んでいる状況。
潜伏期の子どもたちが混ざっている中、全校児童が体育館におしこめられたらどうなるか・・・。しかも、大会だから、他のクラスがやっている時はおそらく観戦。寒い体育館…。

帰宅し、しばらくは元気だったけど、夕食の頃(この頃わたし帰宅)に寒気を訴えるLeonさん。
熱を測ると38.6度。ああ、来たか。

2月8日(水)
学級閉鎖中のsolaさんの保育のため、もともと休暇を取る予定の夫に、Leonの受診を託し出勤。
朝36.9度だったLeonさん、見事にインフルA型発症。その後38度台まで発熱。
娘の隔離をお願いし、早い帰宅もできなかったので、夫に遠隔操作で水炊きを作り始めてもらいつつ、帰宅。。。夫がやたらにくしゃみをし始めたのが気になった。

2月9日(木)
Leonさん、平熱。比較的元気になって一安心。
夫が微熱⇒出勤後、受診してインフルA型発症との連絡に唖然。
腹をくくって翌日の休暇申請を出し、残務整理。
帰宅すると、solaさん微熱ぎみ。ヤバい…。

2月10日(金)
夫、熱が下がってくるが、ひたすら寝ている。
午前中は熱も上がらず、仲良く遊ぶLeonさんとsolaさん。
しかし、あまり仲良く接近しすぎると困るなあ、と。まだsolaさんはシロ(インフルではない)と信じたいわたし。さらに、わたしも罹患したくない。
昼食を食べ、子どもたちに半強制的に昼寝を命じると、二人ともおとなしく寝てくれた。
そんなわけで、夫&子どもたちが昼寝中なので、ひとりのんびり過ごす平日の午後でした。

あ~、明日、ライブなんだよな~。
Leonさん、ギターデビューなんだな~。
とりあえず、Leonは平熱2日クリアすればOKだけど、夫は大丈夫だろうか?
悩み中。

おそるべし、今年のインフルエンザ。
軽症ですが、確実に感染するあたりが恐ろしい。

しかも、A型とB型と、時間差で両方感染している情報も入っている。
今A型になってない人も要注意です。
手洗い、うがい。睡眠と栄養。
人ごみに無駄に行かない。
うがいと合わせて徹底的な歯みがきも効果的です。

solaさんは、実はインフルなんじゃないかとも思っている母でした(爆)。
ただ、先週末から、鼻水だらだらで抗生物質飲んでるので、インフルの症状が隠れちゃってるのかなと。ハハハ。。。

ケアンズ7日間の旅
2012年もよろしくお願いします。

今年は1/2の夜に出発し、ケアンズへ行ってきました。
オーストラリアにかねてから行きたがっていた、わたしの母も連れて、5人の珍道中(爆)。

<1/3・1日目>
まずは、海沿いにあるプールに直行。ここは無料のプールです。
NEC_0836.jpg
チェックインまでのひとときを、プールで過ごしました。
夜は宿泊先の「PACIFIC INTERNATIONAL HOTEL」の1階にある、シュラスコ料理のお店で、Leonさん待望の肉!肉まつり(笑)でした。


<1/4・2日目>
2日目は、キュランダ村観光。
キュランダ鉄道に乗って2時間の電車旅。「世界の車窓から」のオープニングに使われていた鉄道です。リアル・世界の車窓から(笑)。
NEC_0839.jpg

キュランダ村では短い滞在時間の中、今回の目玉でもあったこちら。

NEC_0844.jpg 
コアラ抱っこ&写真撮影です。
いやあ、生・コアラ、可愛いすぎます。

身長制限もあって、Leonが抱っこし、solaはその隣で撫でるだけでしたが、それでも二人とも大満足でした。

その後、アーミーダックという水陸両用車で熱帯雨林を探検。
恐竜の時代からの、熱帯雨林の中のドライブを楽しみました。

さらに、キュランダ村からロープウェイに乗ってふもとまで戻りますが、このロープウェイ、熱帯雨林の上を通っているもので、その眺めの素晴らしさと言ったら!!

ロープウェイを降りたあとは、野生&夜行性動物探検ツアーに出かけました。
巨大蟻塚・野生カンガルー・ロックワラビー・エリマキトカゲ・かものはし・ポッサムなどなどの動物を見ることができ、Leonさんはこのツアーが一番楽しかったようです。


<1/5・3日目>
3日目はGBR(グレートバリアリーフ)!
ケアンズから船で1時間ほどのグリーン島へ行き、浜辺でひとしきり遊んだあとは、さらに1時間ほどクルーズした、GBR海上に浮かぶポントゥーン(浮島)で半潜水艦に乗って海の中の生き物を見物。

その後待望のシュノーケリングで、魚と一緒に泳ぎました。
自分たちのすぐ目の前を魚の群れやナポレオンフィッシュが泳いでいる様子にみんな感動!
夫とLeonとわたしはシュノーケリングでしたが、solaはライフジャケットのみで浮かびながら泳ぎ喜んでいました。
せっかくなのでばあちゃんにもライフジャケットを貸してあげたのですが、「足がつかないところは怖い」と騒ぎ(爆)。いやいや、浮くんで大丈夫ですから(^_^;)

NEC_0847.jpg
携帯を持っていかなかったので、「地球の歩き方」よりイメージ(爆)。
まるでこんな感じでシュノーケリングしたので。

で、この日、ホテルに戻ると、solaさん発熱のピンチ。ケアンズ到着時から、体調がいまいちだったのですが、さすがに海に入って遊んでしまったので。。。


<1/6・4日目>
で、翌朝、solaさん平熱に戻り、一安心。
とりあえず、午前中は予定がなかったので、ばあちゃんと夫をそれぞれ買い物&散策に行かせ、わたしはホテルで子どもたちとゆっくりまったり、過ごしました。

お昼を近くのチャイニーズでとり、ケアンズ駅のショッピングセンター(イオンみたいな感じ)でぷらぷらとお店を眺め、ホテルに戻りました。

そして夕方からは「パロネラ・パーク」という城跡の観光。
「天空の城ラピュタ」のモデルとなったとか、ならないとか。
宮崎監督非公認の噂ですが、ライトアップしたときのBGMはラピュタ(オルゴールVer.)でした(爆)。日本人にしかわからないじゃないかっという突っ込み。
NEC_0853.jpg
幻想的で静かな空間でした。

<1/7・5日目>
この日は終日予定なしだったので、夫と子どもたちは初日に行ったプールへでかけ、その間ばあちゃんとわたしはショッピングへ。

午後はのんびり昼寝をしたあと、早めに夕食を取ろうと、シーフードレストランへ。ビュッフェで思う存分、エビ食べました(笑)。
オーストラリアといえば、オイスター(生ガキ)も有名ですが、保健所勤務のわたしとしては、やはり生ガキは控えてしまいました。ノロ流行中だし(爆)。本当は生ガキ大好きだったんですが…自分自身があたったことはないんですが、立場上(苦笑)。でもエビを堪能できたので満足。

そのあと、ナイトマーケットをぶらぶらし、ホテルへ戻り荷造りを・・・。

<1/8・最終日>
そして、帰国の朝、3時半に起床し、最後のアクティビティということで、熱気球に乗りました。
NEC_0858.jpg
気球に乗って、日の出を見たり、野生のカンガルーが走る様子を見たり。早起き辛かったけど、乗ってよかった!
hot airという会社の熱気球に乗りましたが、サイトで写真を公開しています(サイト上から写真やデータの購入ができるようになっている)。

そして、お昼の飛行機で日本に戻ってきました。

現地は毎日30度超え、雨季に入ったところでしたが、キュランダ村へでかける日の早朝にスコールがあった以外は雨に降られることもなく、いいお天気に恵まれました。

帰国したら、10度を下回る冬の寒さが辛かった・・・。

さて、12連休させていただきましたこの年末年始でしたが、いよいよ明日から通常業務です。
子どもたちも学校&保育園。わたしも仕事。
この旅のために、長期でショートステイを利用していたじいさんも、明日は帰ってきます。

そして明日はわたしは誕生日(爆)。

2012年、今年も、淡々と、子どもたちと向き合う時間も大切にしつつ、仕事を頑張る1年になりそうです。

そういえば、帰国してすぐに受けた職場の後輩のメールで、短大の恩師の訃報を知りました。しかも急逝。お正月休暇(トルコへ旅行されていた)から帰宅した、その日に、お風呂で亡くなっていたというショッキングな内容でした。まだ50代半ばだと思います。元気で明るく美しい先生でした。

そんなこともあり、今年も、昨年同様に、命を大切に、一日一日を大切に生きていくことを、心に留めながら、充実していきたいと思います。

ブログの方はなかなか更新が進まない状況ですが、Twitterなどつぶやいておりますので、そちらのフォローもよろしくお願いいたします。

まずは、2/11のLIVEに向けて、プライベートも頑張ります。

あ〜。42歳かあ。(爆)
2011年のクリスマス
 今年も仕込みはばっちり。サンタさんを楽しみに待っている子供たち。

イブの夜に、ふっとLeonさんがひとこと。

「サンタさんって、本当はお父さんやお母さんなんでしょ。夜中にお父さん達がプレゼントを置いてるんじゃないの〜って、3年1組のうわさ(ニヤッ)」

衝撃発言。

あ〜。いよいよこの日が来てしまったか。

「Leonはサンタさん信じてないの?信じてない子にはプレゼント来ないらしいよ〜(焦)」

「ううん、そういううわさがあるってこと」

なるほど、半分信じてて、半分疑ってて、ちょっと迷いがあるんだな。


そんなこんなで、Leonさん、9歳のクリスマス。

成長したってことだけど、ちと寂しいぞ。


そんなわけで、一夜明けた、わが家の、サンタさんからのプレゼントたち。

NEC_0828.jpg
ハンドルだけではありません(笑)
Leonさん御所望の、Wiiのマリオカート。

NEC_0825.jpg
これは、リカちゃん関連商品なんですが、ミスドごっこができるセット。
ドーナツのおもちゃが12種類24個!
最初solaさんは、「リカちゃんのサーティーワン屋さんと〜、リカちゃん(本体)と〜、サーティーワンの制服(リカちゃん用)が欲しいの!!!」と言っていたのですが、いろいろ探して、子供自身がおままごとできるサイズのこれを最終的にチョイスしました。

二人とも狂喜乱舞です。

NEC_0826.jpg
おまけで、それぞれに書籍。

NEC_0829.jpg
さらに、親へのプレゼント、ということで、Wii Fit Plus(笑)
結構、これがメインだったりして(爆)

さらに、じいさん&ばあさん&夫へは、ユニクロのフリースがそれぞれ届きました。


家族がそろって、暖かい家の中で、いつも通りのクリスマスを過ごすのが、こんなに大事だと思える
年はなかったのではないかなと。

本当に、皆さんに幸せと平和が訪れますように。


クリスマスが終わると、いよいよ年末ですね。
Leonはすでに冬休みということで、あと2日ばかり学童に行きますが、わたしとsolaさんは、あと3日の出勤&保育園。夫は金曜日まで仕事、という我が家です。

ブログは今年最後の更新かもしれません。
Twitterメインになります。たぶん。
Check